諸費用が必要

住宅ローンを借り換える時には住宅を購入した時と同じように諸費用がかかります。借り換え時にかかる諸費用は融資保証料、融資関係手数料、登記費用、司法書士手数料、印紙税、登録免許税、保険料、等が必要となり、これらを含めて借り換えが得になるのかを検討しましょう。」

融資保証料は信用会社、借入額、借入期間によって金額が異なり、1,000万円の借り入れを35年で返済の場合で約20万円、25年で返済の場合で約17万円です。最近では保証料が不要の住宅ローンもあり、負担額を軽減することが出きます。保証料が不要の住宅ローンとして住信SBIネット銀行新生銀行、およびフラット35を提供するSBIモーゲージ楽天モーゲージなどを利用される方が多くなっています。

事務手数料は各金融機関でそれぞれ特徴があり、大別して一律○万円という固定金額のところと、融資金額の△×%という融資額に比例するところがあります。なかには事務手数料の支払金額に応じて金利が低くなるものもあり、このような商品は金利の一部を先に支払っていると考えてもいいでしょう。事務手数料は各金融機関によって違いがありますので金利と合わせて返済プランの確認をしましょう。

借り換え時に必要な登記は抵当権設定登記で住宅ローンを融資を行う金融機関が担保設定の為に行う登記で、この中に司法書士手数料と登録免許税は登記費用の中に含まれることがほとんどです。

保険料には団体信用生命保険料(団信)や火災保険料があり、団体信用生命保険料は民間の住宅ローンの場合は加入が必要なことが大半ですが保険料は金融機関負担か金利に含まれていることが多いです。夫婦加入の場合は別途料金が必要です。フラット35の場合は任意加入となっており特約料は年払いとなっています。火災保険はほとんどの金融機関で加入が必要となります。



おすすめ住宅ローンランキング


住信SBIネット銀行 オススメ度

住信SBIネット銀行はネット銀行ならではの低金利が魅力。店舗を構えない為、コストを極限まで削減することが出来、低金利を実現しています。大手の都市銀行と比較しても格安の金利を提供している。
金利タイプは変動金利と固定金利(2年、3年、5年、7年、10年、15年、20年、30年、35年)から選択可能で、双方のメリットを生かせる変動+固定金利のミックスローンも組み合わせ可能と利用者に有利なサービスを提供している。口座開設から借り入れまでネットと郵送で完結するので、時間を作る手間がありません。
住宅ローンの特徴
  • 団信・全疾病保障の保険料は銀行が負担のため負担額はゼロ
  • 一部繰上返済手数料も0円
  • 手続きはネットと郵送で完結
  • 変動金利固定金利」が選べる

住信SBIネット銀行では
・ATM利用手数料 いつでも無料
・ランクに応じて、月最大15回まで無料
公式サイト


おすすめフラット35

住宅ローン: フラット35、フラット35Sなら銀行 楽天銀行 オススメ度

全国のフラット35取扱金融機関約340社の中で楽天銀行は最低金利で利用でき、最長35年間そのままの金利で返済できます。各金融機関の格差は最大1%(※2010年はフラット 35”S”の制度拡充により、フラット35”S”対象物件なら当初10年間金利を1%引下げ!)。保証会社を利用しないフラット35なので保証料がかかりません。借り換えにも使えるので住宅ローンを借りて特約期間満了に伴い、金利が高くなるという方には特におすすめします。
住宅ローンの特徴
  • 業界最低金利が最長35年間利用できる
  • 融資事務手数料は借入額×1.365%(税込)→さらに住宅ローンの返済口座を楽天銀行にするとお借入額×1.05%(税込)に引下げ。例)3,000万円のお借入で94,500円お得
  • 保証料、繰上返済手数料は無料。
  • 申込書の請求から融資まで来店不要で完結。
  • フラット35 融資の実行までのつなぎ融資ができます。
  • 4,000万円超の借入には、楽天キャッシュをもれなくプレゼント
  • 融資限度額8000万円
フラット35は
・派遣、契約社員、パートの方で
・転職によるキャリアアップを重ねた方
・親子2代のリレー返済を希望の方
相談してみる事をおすすめします
公式サイト